航空会社 手数料

航空会社系サイトは手数料いらず

海外旅行をすると、税金や手数料をかなり払わなければなりません。

 

特に格安旅行の時ほど、税金や成田までの交通費など諸経費の占める割合が高くなります。

 

 

ところが諸経費といっても、絶対に支払わなければいけないモノと、そうではないモノとがあります。

 

支払わなければいけない諸経費としては、空港使用料,行先国の税金,燃油サーチャージなどがあります。

 

支払わなくてもすむ諸経費としては、発券手数料などがあります。

 

発見手数料は2009年4月から徴収されるようになりましたが、2000円から4000円と金額に幅があります。

 

微妙な金額ですが、グループや家族など団体旅行の場合は、大きな金額となります。

 

 

そこで、発券手数料を払わなくてもすむ方法です。

 

航空会社の自社サイトで航空券を購入すると、ほとんどの場合、発券手数料がかかりません。

 

航空会社サイトだと正規割引航空券しか買えませんが、ANAやJALは安いので大丈夫でしょう。

 

ただ航空会社サイトで購入するには、会員にならないといけません。

 

それが面倒な時には、総合型サイトをよくチェックしてみるといいです。

 

中には、格安航空券であっても発券手数料を取らない旅行会社があるからです。

 

こうした良心的な旅行会社の数は増加傾向にあり、例えばJTBのトルノスが発券手数料を無料にしています。