LCC 関空

格安航空会社の利用が多い関空

これからは、関空の時代です。

 

格安航空会社の便数が、日本一だからです。

 

そのため、格安運賃を求める旅行者にとって、最も狙い目の空港となりました。

 

 

関空は1994年に開港しましたが、大手航空会社の定期便は飛んでは消えを繰り返してきました。

 

関空では上級クラスを利用する旅行者や出張者が少なかったからです。
大手航空会社では採算が取れず、定期便が増えませんでした。

 

それに対し格安航空会社は、観光客の占める割合が高いので大丈夫でしょう。

 

それに、航空会社が関空に支払う着陸料が大幅に引き下げられたので、格安航空会社が関空を利用しやすい環境も整っています。

 

 

ソウルの仁川と金浦空港まで運航している「チェジュ航空」。

 

ソウルまで不定期運航の「ジンエアー」。

 

釜山まで運航している「エアプサン」。

 

中国の福州と深?まで運航している「山東航空」。

 

済南まで運航している「深?航空」。

 

台北やシンガポールまで運航している「ジェットスター・アジア航空」。

 

マニラまで運航している「セブ・パシフィック航空」。

 

ケアンズやゴールドコーストまで運航している「ジェットスター航空」。

 

これは2010年7月時点の関空発格安航空会社です。

 

行先は、魅力的な観光地ばかりです。