安値の機内サービス

安値の機内サービスをオーダー

格安航空会社は、個性が強いです。

 

アメリカのサウスウエスト航空は格安航空会社の先駆者ですが、乗客ではなく自分たちが楽しめる航空会社を目指しました。

 

その結果、機内は楽しい雰囲気になり、乗客にとっても居心地のいい航空会社となったのです。

 

今や、アメリカの国内線で乗客数が一番多くなるまでに、発展しています。

 

 

また、格安航空会社はサービスの質も様々です。

 

上級クラスを設置しているジェットスター航空のような、評判のいい航空会社。

 

発着の遅延が心配な、サービス以前の航空会社。

 

機内で携帯電話を使えるライアンエアーのような、大手では出来ないサービスを提供する航空会社。

 

 

値段が安いので、格安航空会社のキャビンアテンダントは質が悪いのではないか、と心配する声もあります。

 

しかしキャビンアテンダントの質は会社の規模には関係なく、各航空会社の教育や個人の自覚によって決まるものです。

 

そのため、キャビンアテンダントが寝ていたり,タバコを吸ったり,おしゃべりしたりしている事は、どこにでもあります。

 

 

格安航空会社は、食事やエンターテイメントを有料で提供しています。

 

食事はランチボックスなど簡素な入れ物に入っており、カップ麺などもあります。

 

値段ですが、例えばエアアジアの場合、羽田発が700円,クアラルンプール発が400円です。

 

気軽に試せる値段で、予約の時に注文する事もできます。

 

また、ポータブルテレビの相場が1000円弱で、毛布の相場が600円から1000円くらいです。

 

このように格安航空会社の機内サービスは、利用しやすい安めの料金設定となっています。